FAQ - よくいただくご質問

 回路設計時の特性を損なわないで、かつコストとのバランスを取ってもらいたい。

 パターン設計に入る前の打合せ段階で、設計上重要なポイントを把握して、回路特性とコストのバランスを考えてご提案します。御社の設計意図を理解したうえでご提案するので、性能を損なうことなく最適な状態を目指すことができます。

 製品を小型化するために、高密度な基板が欲しい。

 リンクサーキットは、高密度化、高多層化技術で高い評価をお客様より受けています。また製品形状が複雑な場合でも、機構設計者と打合せを行いながら費用対効果が最も高い方法を模索します。

 できるだけ低い予算で基板を製作して欲しい。

 設計段階からご相談いただくことで、基板の経済寸法の計算や低多層化、安価な基板素材のご提案など、リンクサーキットの技術とノウハウを駆使したご提案が可能です。

 短納期対応は可能ですか?

 可能です。10層以下のプリント基板ならば、1日~2日で制作可能です。さらにリンクサーキットは、土曜・日曜に稼働する工場と連携しており、金曜日に発注、翌月曜日に納品という実質的な1営業日対応も可能です。

 プリント基板設計においてどのようなコストダウンが可能ですか?

 様々な手法がありますが、例えばシミュレーションを必要最小限とすることでコストを抑えることができます。リンクサーキットは、過去事例や研究活動を通じて、基板特性に関するデータを蓄積しています。過去のデータを活用することで、高コストなシミュレーションの回数を必要最小限に抑えてコストダウンを行っています。

 どのような基板材料に対応できますか?

 テフロン、PPE、PPO、アルミ、アルミナ、窒化アルミ、高Tg材、フレキシブル基板など多種の基板材料に対応可能です。

 新素材の比誘電率を測定してもらえますか?

 もちろん承ります。