環境・CSR活動

◆環境活動EMSの取り組み(ISO14001・グリーン調達)

当社は、お客様の環境目標を理解し、含有禁止物質の混入防止やトレーサビリティーの確保などお客様の環境要求を満たすべくEMSを活用しています。また、当社は設計事務所です。設計段階での不具合は、顧客で産廃物を作ります。そして、正しいものを製作するためにエネルギーやマテリアルを再投入させることになります。これを当社の「著しい環境側面」と考え、不具合が発生しないよう品質重視のためにEMSをフル活用しています。

◆リンクサーキット株式会社
 環境方針

当社は環境経営基本理念に基づき、「プリント基板の開発・設計に関する活動」により生じる環境負荷を抑制します。
その実現のために以下の環境方針を定め事業を展開します。

上記の活動は技術的・経済的に可能な範囲で実施し、次のことを考慮して継続的な改善を図ります。
  1. 近隣の法人及び住民との良好な関係の構築
  2. 当社の事業に適用される環境保全に関する法令などの要求事項の順守
  3. 当社が参加し同意した「協定」「約定」「顧客の要求」などの順守
  4. 当社の環境保全活動は目的目標を定めP・D・C・Aサイクルで行う
  5. 当社の事業活動の「品質」に起因する環境負荷の抑制
  6. 当社の事業活動から生じる環境汚染の予防 
  7. 廃棄物の抑制とリサイクルの推進
  8. 地球温暖化防止に貢献するための省エネルギー・省資源活動の推進

上記の活動を全社員が誠実に取組むことの証として、本環境方針は、社内に周知徹底を図ると共に、社外の一般の人達にも開示します。

2018年4月28日
リンクサーキット株式会社
代表取締役 萩原 玄

◆CSR活動

当社は、お客様の企業姿勢を理解し、それを損なわないようCSR活動を展開いたします。たとえば、紛争鉱物、機密保持、BCMについても、お客様の要請に基づき、サプライチェーン・バリューチェーンと一体となり調査や仕組みづくりの構築に協力いたします。

◆紛争鉱物に対する基本姿勢

アフリカのコンゴ民主共和国およびその隣接国から産出される一部の鉱物 (タンタル、スズ、金、タングステン)は、「紛争鉱物」と呼ばれています。紛争鉱物に関する米国法規制や国際機関である OECD のガイドラインでは、サプライチェーン全体で、最終製品に紛争鉱物が含まれていないかを確認するための合理的な原産地調査またはデューデリジェンス(適切な調査)が要請されております。

リンクサーキット株式会社では、お客様が安心して製品をお使いいただけるよう、お取引先や業界団体と協力のうえ、お客様の製品に使用される鉱物が紛争鉱物とならぬよう、お客様からの要請に基づき、不使用に向けた取り組みを進めてまいります。